出展ブランド

kosode

ブース
No. 114

シックでカジュアルな大人の着物

テキスタイルデザイナーだった店主がデザインするオリジナル商品の着物shop。今年で18年目を迎えました。
江戸小紋の着尺から型染、手描きの帯、薄羽織やコートや小物まで揃えて、シックでカジュアルなお洒落をご提案します。
「自分の着たいもの」をコンセプトに、今までの経験を生かして楽しんで物づくりをしています。中でも、半巾帯や薄羽織は定評があります。
この冬は洋服でも使える暖かいコートにも力を入れています。

人気の薄羽織「シフォンドット/モカ」と半巾帯「花園」の組合せ。小さなオレンジ色の帯留で全体を引き締めます
kosodeの薄羽織は設立当初からの定番品。家で洗えてシワにならないお洒落な羽織が欲しい!という思いから「薄羽織」と名付けて作り始めました。半巾帯とのコーデネイトは洋服感覚で、最強のカジュアル着物スタイルです。
着物はインドの野蚕糸を織り込んだ紬で、通年お召になれる単衣仕立てをお薦めしています。

この帯とバッグの柄は「オランダ更紗」。ロングランの定番柄で、どんな着物にも合うと評判です。多分、使っている色が女性の感性に響くのだと想像しています。
合わせた着物は小紋「石畳」。シンプルでモダンな着やすい柄行です。
羽織っているのは袖なしの羽織。よくご年配の方が羽織っていらっしゃるのが欲しくて、作ってみました。ベスト感覚で楽しめます。写真ではお見せできなくて残念ですが、実は羽裏もオランダ更紗です。

暖かそうなコートは、見た目よりもずっと軽い、フカフカのウールシャギーで作りました。ベージュとグレーが混ざったような微妙な色目がお洒落です。
大きな衿は開けても閉めても絵になる形、かき合わせてボタンを留めれば、どんな寒さにも立ち向かえそうです。そこは洋服出身の店主、パターンには自信を持っています。
洋服の上にお召しになっても素敵ですよ。

kosodeの「アタラシイ」一品

PRODUCTS

この秋の新柄「夜の森」。暗い地色に鮮やかな色の花柄が浮き上がる、印象的な帯です。 今までのkosodeの半巾帯は長さ390cmのサイズで仕立てていましたが、例えば写真のように華やかに締めようと思う時、もう少し長さがあればとのお声を時々耳にし、別注対応して参りました。今期より長尺420㎝というサイズを設定して、ご注文をお受けすることと致します。ご興味のある方はどうぞお問い合わせくださいませ。