出展ブランド

OKANO

ブース
No. 024

博多織は凛

江戸の「粋」、京都の「雅」、そして「博多織は凛」。
OKANOは「博多織」をルーツとする、創業1897年のきもの制作所です。
「伝統」と「冒険心」を大切にし、日本の職人技を未来と世界へ伝えるブランドです。

OKANO 博多きもの制作所は福岡・博多リバレインと東京・ARK HILLSに店舗を構え創業120年余りという歴史を紡いできた博多織の織元です。
企画から製作に至るまですべて自社でプロデュースしており国宝級の職人と未来を担う若手職人と共に時代を捉えた最高のアイテムを提供いたします。

内閣総理大臣賞 受賞作

八寸名古屋帯「網代」
博多織求評会で内閣総理大臣賞を受賞した網代シリーズ。
全体が格子のような構図で、立体感のある織が特長。
多色の糸を織り込むことで、様々な色柄の着物に合うように意匠・デザインされています。
小紋、紬、御召、江戸小紋、色無地など幅広いお着物に合わせて頂きたい帯です。

博多織のルーツは「着物」です。

博多織と言えば、帯が代表的ですが、もともとは「着物」として織られていたのが始まりです。現在、博多織の着尺の生産数は少なく、希少性の高い着尺といえます。
博多紬は着れば着るほど風合いがこなれ、洗い張りをするたびに「光沢」や「しなやかさ」が増していきます。

OKANOの「アタラシイ」一品

PRODUCTS

博多八寸帯 「アンティークフラワー」 アンティークレースを博多織の技法で表現した名古屋帯。 光の当たり具合によって、織の陰影が出て、 柄デザインの見え方が大きく変化します。 この新作の博多帯をきものサローネでお披露目いたします。